# 日本論

日本人だけが知らない「日本の強さ」の正体…アジアで見た意外な現実

日本には「分厚さ」がある

アジア各国で考えた

6月下旬、投資先企業調査のためにアセアンに行ってきました。

フィリピン・マニラからベトナムのハノイとホーチミンを回り、最後にインドネシア・ジャカルタへという行程で、観光もはさみながら10日間で約30社を訪問しました。今回はアセアン訪問で投資家として考えたことをお伝えしたいと思います。

〔photo〕gettyimages

ベトナム・インドネシア・フィリピンはアセアンの中でも成長著しい国々として「VIP」と呼ばれていますが、実際、どこに行っても「パワーが溢れているな」と感じます。道路は大渋滞しているのが当たり前で、移動は一苦労です。これは、交通インフラがしっかり整備されないうちに人口が爆発してしまったという面もあるのでしょう。経済成長は、今後10年ほどは続いていくのではないかと思います。

 

街中では、新しいサービスが広がっている様子もこの目で見ることができました。ウーバーは駆逐され、代わりにマレーシアに本社を置くグラブと、インドネシアに本社を置くゴジェックがバイクタクシーサービスで市場を席巻しています。

バイクなら渋滞もすり抜けて移動できますから、ビジネスマンから若い女性までバイクタクシーを利用する人がたくさんいるのです。どの街でも、緑色の服とヘルメットを身に着けたグラブやゴジェックのライダーがあちこちを走っています。

企業調査は、国を問わずやることは同じです。

言葉の違いはありますが、お客さまのためにどのようなビジネスをしているのか、そのビジネスには永続性があるのか、成長性はあるのか、ライバルとどのように差別化しているのかといったことを確認します。