イラスト/絵と図デザイン吉田

3500円のスカートすら買えない「働かない夫」への妻のブチギレ

あぁ猛省…僕はまるで「ヒモ」だった
山小屋で出会った女性と結婚後、夫婦で山小屋の運営をしていたデザイン吉田さんは、妻の「ライターになりたい」という決意に動かされ自分はイラストレーターとして働く意思を固め、山小屋を閉めて東京で暮らすことを決意しました。…が、そう甘くはない現実、仕事もなく漫然と暮らす毎日を過ごします。

一方、妻はメキメキと力を付けて今では書籍を出版するほどに成長。そんな生活を約一年半続けていたとある日、「あること」をきっかけに働かない夫に対する妻の怒りが爆発しました。

下界でイラストレーターになる

山小屋で働いていた2000年代当時、僕は同じ職場で現在の妻と出会いました。

その時、僕は38歳、彼女は23歳。年の差はありましたが、ふたりとも文学や美術といった創作的な嗜好を持っていたためか気が合いました。遠距離恋愛も含めて付き合うこと6年目で結婚。結婚後もふたり一緒に山小屋で働きました。

 

何年かが経ち、僕たち夫婦は小さな山小屋の運営を任され、ふたりだけでの切り盛りがはじまりました。一年目、二年目、しかし三年目を迎えたある日、妻が「山を下りて、ライターになりたい」と、僕に打ち明けてきたのです。

もともと妻は小説家を目指していました。文芸を学べる専門学校を出て、出版社やメディアの賞に何度も応募していました。しかしその道は厳しく、途中で挫折してしまったことを僕は知っていました。

小説家になることは諦めた。けど、文章を書く仕事は諦めきれない。

「ライターになりたい」

その意志に迷いはありませんでした。

「あなたは、どうする?」

妻にこう聞かれ、僕は複数の選択肢を考えました。しかし、最終的には山小屋の仕事をキッパリ辞めて、イラストレーターになる道を選びました。

美大で絵とデザインを学んだ僕は、冬のシーズンオフの間はフリーランスのデザイナーをしており、その仕事で描いた僕のイラストを見た妻に「イラストレーターの方が向いている」と言われ、まんざらでもないと思っていたからです。

「イラストレーターになります」

こうして僕たちは、妻はライターに、僕はイラストレーターになる、という互いの新たな目標に向けて、山の仕事を辞めたのです。