Photo by iStock

「強いのか弱いのか…」今季3度目8連勝でも不安な広島ファンの胸中

ジェットコースターに乗せられた気分

連敗、連勝、また連敗

強いのか弱いのか、さっぱりわからない。それが4連覇を目指す、今シーズンの広島カープの姿です。

スタートダッシュに失敗し、4月7日から12日にかけて5連敗したかと思うと、17日から27日にかけて8連勝。最大で8つあった借金を、わずか12日で完済し、「さあ、ここからは貯金週間だ」とカープファンが小躍りしたのも束の間、28日から5月1日かけて今度は4連敗です。

「やっぱり4連覇は難しいのォ……」。カープファンが弱音を口にし始めた5月、コイは急に勢いを取り戻しました。11日から25日にかけて、球団記録にあとひとつと迫る11連勝をマークしたのです。

 

5月の戦績は20勝4敗1分け。勝率8割3分3厘。いずれも球団の月間記録でした。6月1日の時点では2位阪神に5.0ゲーム差をつけ、カープファンは左うちわでした。「4連覇はもう決まったも同然じゃわい」。

ところが6月に入ると落とし穴が待っていました。4日から始まったセ・パ交流戦で5勝12敗1分けと、大きく負け越してしまったのです。交流戦の戦績は12球団ワーストでした。

交流戦がスタートする前は2位阪神に4.0ゲーム差をつけて首位を走っていたカープですが、終わっての順位は2位。入れ替わって首位に立ったのは巨人でした。