photo by iStock

多くの男性が苦しむ「尿漏れ」という大問題〜今日から膀胱をほぐそう

残尿感よ、さようなら!

膀胱が小さくなりすぎている

日本では、50歳以上の男性の3人に一人が排尿に関する悩みがあるといわれている。尿漏れを心配して外出が憂鬱になるなど、行動が制限されれば生活の質は著しく下がってしまう。

尿漏れの原因は、下のチャートで自己診断できる。医療機関にかかったほうが良い場合もあるが、自分で改善することが可能なケースが7割だという。自己治療のカギとなるのが、尿をためる役割を持つ「膀胱」だ。

【画像】表を拡大する

よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長の奥井識仁氏は言う。

「ストレスや生活習慣などにより、膀胱が収縮して過敏になる病気を『過活動膀胱』といいます。急な尿意を感じて我慢できなくなり、激しい尿意から尿漏れするなどの『切迫性尿失禁』が見られます」

 

また、肥満の人や出産経験者に多いのが「腹圧性尿失禁」だ。膀胱を支える「骨盤底筋」がゆるみ、咳やくしゃみをして腹に力が入ると尿が漏れてしまう。切迫性尿失禁と腹圧性尿失禁の症状が同時に現れる場合は、「混合性尿失禁」の恐れもある。

加えて、男性に特有の尿トラブルも多い。

「40代から増え、『トイレが近くなる』『残尿感がある』などの症状が出ます。原因として、40~50代男性では、前立腺が細菌感染や血行不良でむくむ『前立腺肥大症』が挙げられます。男性の尿道は前立腺の中を通っています。前立腺が大きくなることで尿道が圧迫され、尿が出づらくなるのです」