# 医学部

偏差値55で「医学部に合格する人」たち、なぜか急増しているワケ

「チャンスは今」かもしれない
原田 広幸 プロフィール

「海外大学医学部に行く」という選択肢

いや、日本の厳しすぎる医学部受験をどうしても避けたいならば、よい方法がある。それは、チェコ、ハンガリーといった東ヨーロッパの名門大学の医学部を経由して、日本の医師国家試験を受け、医師になるという道だ。

 

東欧の医学部に合格するには、英語だけは一定以上の力が必要だが、理数系科目は、日本の偏差値55程度の学力があれば合格できるのだ。この方法については過去の寄稿『日本の医学部に合格せずとも、優秀な医者になる「裏技」があった』でも紹介したが、このルートは現在、もはや「裏」ではない、堂々たる表街道になりつつある。

photo by iStock

近代医学の発祥地、ヨーロッパには、旧共産圏(東欧)も含む、数多くの伝統ある医学部が存在する。

それらの医学部は、基礎医学から応用、臨床まで、非常にレベルの高い教育を、自国民はもちろんのこと、EU諸国、中東、アフリカ、アジア等の学生に向けて開放している。各国の母語ではなく英語で授業を行う外国人向けのコースである。

東欧の医学部の授業料は基本的には無償であるが、外国人向けのコースは、無償とはいかずとも、安価な授業料で入学することができる。

しかも、東欧の医学教育の水準は、教育の質・量ともに極めて優れており、施設、スタッフ、カリキュラム、いずれをとっても、日本の医学部に引けを取らない。それどころか、日本を遥かに凌駕する高水準の教育が行われているところもある。

そのような高水準の教育を提供する東欧諸国の医学部は、近年、日本の厚労省や文科省のお墨付きを得ている。

というのも、かつては海外の医学部を卒業しても日本の医師免許を持つのは大変だったのだが、今は卒業さえできれば、ストレートで日本の医師国家試験(本試験)を受験することが可能になったのだ。

それなら、日本の医学部のような超高倍率・超難関の試験をパスする必要もない。