動物病院や動物ボランティアは
便利屋ではない

こういった負傷した動物の預かりや治療に関しての問い合わせは、ものすごく多い。お腹を空かしている猫や犬に餌をあげる。負傷した動物を見捨てられない、という思いを持つ人は多い。ただ、むやみに餌を上げれば、逆に飼い主のいない猫を増やしてしまうことになったり、地域との軋轢を生み、猫たちが暮らしにくい環境を作ることになったりしてしまう。

負傷した猫もどうにかしてあげたいが、動物病院は無償では基本的には診ない。保護ボランティアに熱心な動物病院で低価格で治療するところもあるが、通常治療費はかかると思ったほうがいいだろう。この点について、よく「そんな獣医は非情だ」とか「傷ついている動物を見捨てるなんて」という声が上がる。でも、動物病院は慈善事業ではない。簡単に負傷した飼い主がいない動物を受け入れてしまったら、治療後の面倒や里親探しも病院がするのか、ということになってしまう。

ならば、うちのような動物ボランティア団体が受け入れをすればいいじゃないか、という声もある。ただ、私たちも行政から援助を受けているわけでもなく、ギリギリの中でボランティア活動を続けている。前回での記事でも触れたが、こちらも保護できる動物のキャパが限られているため、動物愛護相談センターから命の瀬戸際にいる動物たちを引き出す際にも苦渋の選択をしているのだ。勝手に猫を餌やりして保護したからあとはよろしく、という保護依頼に答えられる余裕は、残念ながらない。

発見時、顎を骨折していたこの猫は、食事ができず激やせしていた。いろんな負傷がある。写真/友森玲子

ただ、今回のケースも含めて、多くの人が、善意で何かしたいと思っているのは事実だ。問題は動物を保護すること、負傷した動物と出会った時の対処を正確に知らないということ。学校で習うわけでもないので知らなくても当然だ。

春先や秋口は仔猫が生まれるシーズンで拾うこともあるだろう。また、春から夏にかけて野鳥の巣立ちの時期でもある。街中はもちろん、夏休みに子供たちが野原や山で散策中に、動物と出会い、保護すべきか悩むこともあるかもしれない。保護が必要な動物と遭遇したとき、どう行動すべきかをまとめてみた。