〔photo〕gettyimages
# 中国 # 小売

「ユニクロそっくり…!」の中国企業がいま世界で「大人気」のワケ

もはや「本家」を超えた

ユニクロと無印良品とダイソーを合わせたような会社

なんてこった...。

コロンビア・メデジンについ先日オープンしたばかりの雑貨インテリアショップ「MINISO」の店舗に足を踏み入れた私は驚愕した。カップルから親子連れまで、無茶苦茶楽しそうに買い物を楽しむ客で溢れかえっていたのだ。

 

社名は「名創優品(メイソウ)」と言う。「中国系の会社?」と思う人が多いのではないか。実際そうで、日本にはあまり店舗がない(東京・高田馬場やイオンモールなどに5店舗出店)。

ところがオリジナル商品のパッケージには「Designed by Japan」と銘打たれ、店内のいたるところに「FROM JAPAN TO THE WORLD」とデカデカとコピーを掲げている。ほとんどの日本人が知らないブランドが、地球の裏側で、「日本押し」しまくっているのである。

「FROM JAPAN TO THE WORLD」とデカデカとコピーを掲げている

名創優品(店舗ブランド名・MINISO、メイソウ)は2013年、広東省広州からスタートした。中国全土に展開し、2016年に世界展開を開始。今や80か国に3600店舗を展開している。名創優品のCEOは中国人起業家の葉国富氏。資本や経営主体は中国にある。

そんな名創優品は「ユニクロ、無印良品、ダイソーを足して3で割った」ような中国企業として、数年前からネット界隈で騒がれてきたことで知られる。実際、日本を代表する人気ブランド企業3社をよくぞここまでミックスしたものを思いついたものだと感心してしまう。ある意味、見事なまでのコラボレーションである。