〔PHOTO〕iStock

非正規・無職の女性たちをずっと無視してきた「日本社会の罪」

結婚も出産も厳しい「無子高齢化」の現実

深刻なロスジェネ「2040年問題」

2020年には東京五輪、2025年には大阪万博が予定されている。そして、2025年は別の問題が始まる年でもある。

「別の問題」とは、2025年には高齢化率が30%に達し、団塊の世代が全員75歳以上、つまり後期高齢者になるということだ。後期高齢者と前期高齢者(65歳以上75歳未満)の違いは大きい。

年齢を重ねることでどうしても体が衰えてくるし、医療や介護の必要性も増す。既に、2025年には介護福祉士が全国で約38万人不足すると推計されている。

だが、ほんとうに深刻な事態はその後にやってくる。

 

2025年からさらに15年後の2040年、いよいよ高齢化社会の第2幕が始まる。団塊ジュニアが全員高齢者の仲間入りをするのだ。そのとき、高齢化率は35%となり、現役人口(20〜64歳)1.4人で1人の高齢者を支えなければならない。

では、なぜ2025年より2040年の方が「さらに深刻」なのだろうか。

人間は同じように年を取って高齢者になるわけだが、親である団塊の世代とその子に当たる団塊ジュニア世代には、大きく異なっている点が2つある。第1は未婚率、第2は安定した雇用につけたかどうか、である。

団塊の世代と団塊ジュニア世代の各年齢時の未婚率を見てみよう(図1)。

団塊世代と団塊ジュニア世代との未婚率の比較
(注:団塊世代の欄には1946〜50年生まれ、団塊ジュニア世代の欄には1971〜75年生まれの者の未婚率を掲載している)

男性の40〜44歳時点で、団塊世代の未婚率はわずか11.8%だが、団塊ジュニアは30%である。これは女性も同じで、40〜44歳時点の未婚率は団塊世代の5.8%に対し、団塊ジュニアでは19.3%になっている。

団塊ジュニアは、親世代に比べて単身で高齢者になる人が多いということだ。