年金は「夫65歳・妻70歳」から受け取るのが正解だった

夫婦のパターン別に徹底解説
週刊現代 プロフィール

(2)姉さん女房の夫婦

逆に、妻が年上の場合はどうだろうか。この場合、妻が夫より長生きする可能性は①よりも減る。夫の死後に、妻が遺族厚生年金をもらう期間もその分減る。だから①と違い、妻は無理に70歳まで繰り下げる必要はない。

「ずっと夫の収入に頼って生活してきた専業主婦にとって、自分の口座に直接振り込まれる年金は、いわば自分の自由にできるおカネです。

これを早くもらいたいと思う人は少なくない。それを考慮すれば、妻が65歳から年金を受給するのが適切でしょう」(生活設計塾クルー・深田晶恵氏)

年上の妻の場合、加給年金を受け取ることはできないものの、夫が65歳になった時から振替加算を生涯もらえる

「'66年4月1日以前生まれの妻が対象で、額は生年月日により異なります。現在65歳の妻であれば、年6万円を一生涯受け取ることができます」(前出・大神氏)

夫婦ともに65歳から受給するのが正解だ。

 

(3)妻がかつて会社員だった夫婦

夫だけでなく妻も老齢厚生年金を受け取れるときはどうだろうか。

この場合でも、夫が受け取る年金の額は、妻を扶養している夫とさして変わらないため、夫は65歳からもらうのが正解だ。

一方で妻の立場を考えてみよう。老齢厚生年金を夫婦ともにもらっているときは、いわば「ダブルインカム」だが、夫の死後には、自分の老齢厚生年金(夫の遺族厚生年金より高い場合)の一本になってしまう。夫の死後の収入減の打撃が、専業主婦より大きいのだ。

Photo by iStock

とはいえ、直近の生活が心配なのも事実。これを解決する裏ワザがある。

「老齢基礎年金と老齢厚生年金は、実は別々に繰り下げが可能です。そこで、妻の老齢基礎年金のみを繰り下げるという手があります」(ファイナンシャルプランナー・横川由理氏)

妻は65歳から老齢厚生年金を受け取り、さらに70歳からは、繰り下げで増額した基礎老齢年金を受け取るのがよい。