〔PHOTO〕gettyimages

「5Gの世界標準」を中国14億人市場がなし崩し的に形成する可能性

ファーウェイ5Gスマホ発売の意味とは

ファーウェイの5G戦略

8月16日午前10時8分――ファーウェイ・テクノロジーズ(華為技術)が、同社として初めての5Gスマートフォン『Mate20X(5G)』を、中国国内で発売する。

7月26日午後4時8分から、実店舗(全国の同社及び家電量販店の旗艦店)とインターネット・ショップ(アリババ、京東、蘇寧など)で予約受付を始めた。「8」は末広がりを意味し、中国人が最も好む数字だ。2008年の北京五輪も、8月8日午後8時8分に開幕式を始めた。

また、9月に折りたたみ式5Gスマートフォン『Mate X』を発売することも、正式に発表した。

7月26日に、中国広東省深圳市にあるファーウェイ本社で記者会見に臨んだ余承東ファーウェイ消費者業務CEOは、次のように述べた。

「すべてをスマート化するファーウェイの戦略は将来、消費者の衣食住に無限のサービスを提供し、産業の進化を推進するだろう。ファーウェイの5Gスマホは、すべてをスマート化する時代に合わせて進化し、多くの機能を搭載し、多彩な商品間を相互に連動させる。5Gスマホは、スマートホームのコントロール・センターに変わるだろう。

われわれはいま、偉大な変革の時代に生きている。ファーウェイのすべてをスマート化する戦略は、イノベーションと科学技術によって、スマート新時代を拓くだろう」

ファーウェイは、「4Gは生活を変えたが、5Gは社会を変える」を合言葉に、「1+8+N」戦略を進めている。

「1」はスマートフォンのことで、すべての5G機能のセンターとなるのはスマホだという考えだ。「8」は、パネル、ウエアラブル、ハードディスク、パソコン、イヤホン、VR(仮想現実)、AIスピーカー、自動車機器で、5G技術が一次的に応用される主な領域だ。そして「N」(ナンバーの意)は、スマートホーム、スマートシティの無数の応用分野を指す。

ファーウェイの5G戦略については先週、出版した新著『ファーウェイと米中5G戦争』(講談社+α新書)に詳述しましたので、どうぞご高覧ください。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら