# ソフトバンク # ホテル

孫正義も唸らせたインド発ホテル「OYO」、日本上陸の衝撃

創業わずか6年で世界2位に
瀧澤 信秋 プロフィール

OYOから打診があった(筆者へ情報の入った)ホテル・旅館の特色として、“独立系施設”という共通点があった。

OYOチェーンの施設は宿泊特化のホテル(いわゆるビジネスホテル)が特徴といえるだろう。日本でも開業ラッシュが進んでいるカテゴリーにして巨大チェーンが席巻する業態だ。一方、ビジネスホテルの巨大チェーン化に独立系や小規模チェーンは辛酸をなめてきた。

「アパパートナーホテルズ」の会員プラグラムも利用者からの支持を得ている/Photo by gettyimages

確かに、全国各地へ安定感ある客室やサービスを展開、さらに会員プログラムによる顧客の囲い込み等を行う全国チェーンに対して、独立系ホテルはなかなか太刀打ちができないでいる。一方で、そのような独立系や小規模チェーンホテルのFC化、提携化も進んでいるのが現状だ。「アパパートナーホテルズ」や「Aカード」など独立系ホテル共通の会員プログラムも利用者からの支持を得ている。

しかし、FCや提携とはいえ、客室の改装費用負担や売り上げ保証にまで踏み込むには至らない。実際、従前の提携からOYOへ転換する施設も出てきているが、こうした現況を鑑みるに集客に苦慮する独立系ホテルにとっては、ある種魅力的なビジネスモデルに映るのは想像に難くない。また、レジャーホテル(ラブホテル)にも一般ユースの取り込みをしつつ宿泊特化型ホテルとしてのアプローチを模索する施設もあり、OYOとの親和性は高いと思われる。

品質、対応…利用者からの評価

OYOが展開する主要国は前述の通り、いまのところインドと中国だ。

 

東日本旅客鉄道株式会社の社員としてインドへ出向、高速鉄道建設を手がける本間俊浩氏によると「国土が広大でありながら、交通網が発展途上であるインドにおいては、結果としてホテル需要もかなり高い」という。

また、「インドは大規模駅周辺などを中心に個人経営のホテルが多く、一般庶民にはOYOのような小型・低品質なホテルが広く利用されている。ほかに、『Fab』『Treebo』といった1000円〜2000円程度で利用できる中流層ビジネスマンに向けたチェーンホテルも普及しつつある」と話す。