〔PHOTO〕「監察医 朝顔」公式サイトより

話題の法医学ドラマ「サイン」と「監察医 朝顔」どちらが意欲作か

大森南朋のハマり役、上野樹里の演技力

ドラマは一朝一夕には作れない。企画が決まり、脚本が書かれるのと同時並行でキャスティングが行われる。ロケ地探し、リハーサル、収録、そして編集や音楽入れなどの仕上げと、手間と時間のかかる作業が続くのだ。

ましてや、ヒットドラマの“後追い”となると、実際に放送されるタイミングとの時差は大きくなる。

昨年4月クールの「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)が予想外に支持され、その様子を見た他局が追随したことで、今年の春は「きのう何食べた?」(テレビ東京系)や「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系)など、「男性同性愛者が登場するドラマ」が同時多発した。

 

「法医学ドラマ」という鉱脈

今期は、「法医学ドラマ」が2本放送されている。こちらのきっかけは、昨年1月クールに放送された「アンナチュラル」(TBS系)であることは明白だ。

架空の「不自然死究明研究所(UDI)」を舞台に、不条理な死に立ち向かう法医解剖医、三澄ミコト(石原さとみ)を主人公としたドラマだった。

しかも単なる謎解きのサスペンスではない。遺された者たちが、いかに生き続けるかをも問いかけていた。

自殺系サイト、長時間労働、いじめといった今日的な問題も織り交ぜながら、解剖医たち自身が「生きるとは何か」という根源的な問いに向き合っていく。

そのプロセスを、卓越した構成力で描いたのは脚本の野木亜紀子だ。ドラマ自体だけでなく、彼女もまた数々の賞を受けた。

その様子を見て後追いした他局が、法医学系の原作を探し回った結果、この夏、「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系)と「監察医 朝顔」(フジテレビ系)が同時に登場することになった。