とてつもない瞬間に立ち会ってしまった。

それが、7月26日から28日まで横浜アリーナで開催された、宮本亜門演出、高橋大輔(高橋の高は「はしご高」)主演の「氷艶 hyoen2019ー月光かりの如くー」を見た感想だ。決して安くないチケットだったが、連日大盛況のうちに幕が下りた。スケートファンのみならず、演劇ファンをも魅了したショーをレポートする。

取材・文/田中亜紀子

フィギュア×日本伝統文化=氷艶

「氷艶」とは、フィギュアスケートと日本の伝統文化が融合した氷上エンタテインメント。2度目の今回は源氏物語をテーマにしたオリジナルストーリーであり、フィギュアスケーターと俳優陣、歌手、和太鼓、アクロバティックパフォーマンスなど様々なジャンルのパフォーマーが競演した音楽劇だ。

出演者はスケーターもセリフ付きの役を演じ、俳優陣もスケート靴をはき、それぞれが自分の本分で見せ場を作りながらジャンルの枠も超えたパフォーマンスに挑戦。その新たな姿に、観客は驚きを隠せなかった。

その中でも、主役の光源氏に扮した高橋さんは、スケーターとして美しい滑りを見せるだけでなく、殺陣やラブシーンを含む本格的な演技が圧巻だった。ワイヤーで宙を舞い、なんとミュージカルスターなみに、ソロで歌いあげた。もともと表現力が豊かな滑りで有名だが、現役スケーターの彼が、総合的なエンターテイナーになっていた。これは事件なのではないか。

ⓒ氷艶2019

前回の「「氷艶 hyoen2017ー破沙羅―」は、フィギュアスケートと歌舞伎の競演だった。松本幸四郎(当時は市川染五郎)さんが企画・演出を行い、高橋大輔さんとのダブル主演で、松本さんが歌舞伎での悪の象徴、仁木弾正、高橋さんが善の象徴として源義経を演じた。この公演で、改めて日本の歌舞伎の素晴らしさを知ったスケートファンも多く、今も熱烈に再演を望まれる伝説的な作品だ。

しかもこれは、一度引退して自分の生き方に迷っていた時期の高橋さんが、スケートを軸にしたパフォーマーとして生きる決意をしたきっかけになった作品の一つ。その決意から、まず自分のスケートを取り戻そうと、4年ぶりの現役復帰につながった。
ある意味、その答えとなるのが、今回の2作目の氷艶である。

日本と世界から集結した豪華メンバー

主演の高橋さんのほか、荒川静香さん、鈴木明子さん、織田信成さん、村上佳菜子さんなど国内のスケ―ターのほかに、光源氏の異母兄で、宿命のライバルである朱雀の君を、スイスの元世界王者、ステファン・ランビエールさんが演じた。高橋さんとは選手時代、実際にライバル関係にあったので、役と交錯する部分がある。もう一人、紫の上にはソチでロシア団体金メダルの獲得に貢献した、ユリヤ・リプニツカヤさんという配役も斬新だ。

スケーター以外は歌手の平原綾香さん、元宝塚トップスターで、現在は舞台女優の柚希礼音さん、俳優の福士誠治さん,波岡一喜さん、西岡徳馬さんらが出演。スケートと演技の特訓と、さまざまなジャンルの方が集まって一つのものを作るためか、リンクでの合宿が数週間にわたって行われた。各出演者のSNSからあがる写真で、チームワークがどんどんよくなっている様子が伝わり、より期待が高まっていった。

演出を手掛けた宮本亜門さんと出演者たち ⓒ氷艶2019