藤本さんの案内で裏山へ。夜になると、こっそり動き出しそうな枝ぶりだ。まるで原生林のよう。アカギもガジュマルも元気いっぱい、自在に枝をのばしている。藤本さん、木とともに生きている。

藤本さんに誘われて裏山散策へ。ガジュマル、アカギ、ハゼノキ、ゲッキツなどがうっそうと生い茂る雑木林だ。「このあたりは隆起した土地。沖縄戦で焼け野原になったあと再生した森なんですよ」と、藤本さん。自然に生かされていることを肌で感じるひとときだ。うちに来た子(器)たちはここで育ったのか、と野村さん感慨深げ。

藤本さんが裏山を案内してくれる。野村さん、興味津々。質問攻め中。

最近は、漆仕事が増えつつある藤本さん。ワイルドな肌合いのカップや、まるで鉄板のような色合いの平らな皿など、ユニークな作品を制作中だ。野村さん、何やら新作をお願いした模様。またまた、口角アップである。

工房に無雑作に置かれた作品たち。奥は新作制作中の漆の作品。

>続きを読む

PROFILE

野村友里 Yuri Nomura
〈eatrip〉主宰。食を通じて人や場所、モノをつなぎ、広げる活動を行う。映画『eatrip』監督。「TokyoEatrip」「TASTY OF LIFE」など著書多数。舞台「食の鼓動」、「eatripcity creatures」など企画・監修。

●情報は、2019年7月現在のものです。
※本記事内の価格は、すべて税込み価格です。
Photo:Norio Kidera Text:Michiko Watanabe Edit:Chizuru Atsuta