「ハリポタ」「ドラクエ」も参戦!「位置ゲー」が激アツな本当の理由

「ポケモンGO」騒動の再来!?

「ハリポタ」も登場

スマートフォン用のゲームに「位置情報ゲーム」というジャンルがある。

通称「位置ゲー」。

その略称を知らなくても、2016年に世界的な大ヒットを飛ばし、今も街中に熱心なプレイヤーがあふれる「ポケモンGO」のことはご存じだろう。

今年は、その「位置ゲー」豊作の一年になる。

ポケモンGOの開発元であるナイアンティックは、ハリー・ポッターを題材にした位置ゲーである「ハリー・ポッター:魔法同盟」の日本におけるサービスを、7月2日に開始した。

ハリー・ポッターを題材にした位置ゲー「ハリー・ポッター:魔法同盟」。ナイアンティックとワーナーゲームが共同開発し、運営中
拡大画像表示

「ドラクエ」も待望の位置ゲー化

また、マイクロソフトは、正式なサービス開始時期は未公開ながら、ブロックで建物や地形を組み立てる「クラフトゲーム」の草分けで、日本でも子どもたちを中心に大ヒットした「マインクラフト」を題材にした位置ゲー「Minecraft Earth」のクローズドベータテスト(人数を限定した開発テスト)を7月半ばに開始している。

マイクロソフトが開発中の、「マインクラフト」を題材にした位置ゲー「Minecraft Earth」。現在はクローズドベータテスト中
拡大画像表示

日本でも、スクウェア・エニックスが、あのドラゴンクエストを位置ゲー化した「ドラゴンクエストウォーク」を、2019年中にスタートする。

スクウェア・エニックスが開発中の位置ゲー「ドラゴンクエストウォーク」。2019年中にサービスを開始予定
拡大画像表示

次から次へと開発される位置情報ゲームの増加は、何を意味しているのだろうか?

そして、特に最新のテクノロジーと位置ゲーの連携は、何を生み出すのだろうか?

その点を深掘りしてみよう。