【世界遺産決定】稀代の建築家・ライトが日本をこよなく愛した理由

知られざる深い絆があった
五十嵐 太郎 プロフィール

ライトが日本にもたらしたものは何か

建築と自然の有機的な融合という点で、ライトは日本建築や庭園の影響を受けたと思われる。では逆に、ライトが日本にもたらしたものは何だろうか。

もちろん、旧山邑邸や自由学園など、国内には珠玉の作品がある。ただ、ル・コルビュジエのような著作の理論を通じた影響はあまり多くない。幾何学的なデザインでありながら、決して冷たくならない作品そのものによって日本の建築家に多くのファンをつくり、また人間を介して、ライトは受け継がれた。

東京・目黒にある聖アンセルモ教会

例えば、帝国ホテルの設計のため、アメリカから連れてきたアントニン・レーモンドはそのまま日本に残り、「聖アンセルモ教会」「東京女子大学」「群馬音楽センター」など、多くの作品を手がけ、弟子を育てた(彼の名を冠した事務所は今も存続している)。彼は日本建築を愛すると同時に、近代建築を根づかせることに貢献している。

また、やはり帝国ホテルの設計に従事した遠藤新は、「甲子園ホテル」など、ライト風のデザインを展開した。

兵庫県にある旧甲子園ホテル(現在は武庫川女子大学の施設)

そして日本のハウスメーカーの商品住宅やマンションでも、部分的にライトを意識したデザインをとり入れることがある。ライトのデザインによる家具や食器が、インテリアで使われるケースも散見される。

様々なレベルで、今も日本はライトの恩恵を享受していると言えるだろう。