Photo by iStock
# 家庭学習

わが子に「勉強しろ!」と言うより、買い物中に「クイズ大会」をしよう

学校の授業より頭がよくなる
ゲームばかりしている子も、勉強嫌いの子も、自分から勉強するようになる……。中学受験専門塾・伸学会の菊池洋匡代表と、秦一生氏による共著、『「やる気」を科学的に分析してわかった小学生の子が勉強にハマる方法』は、わが子を「勉強好き」にするメソッド満載の一冊だ。たとえば彼らが勧めているのは、親子で買い物をしながら「クイズ大会」をすること。これが学校の授業より役に立つという。どういうことか、その秘密に迫った。

理科、社会が得意になる

勉強は塾や家で机に向かってするものだ。多くの子も大人も、そう考えています。

Photo by iStock

しかし、これは残念な誤解です。少なくとも私たちが専門とする中学受験では、机以外の場所で吸収する学びが、模試での成績や受験の合否に大きく影響しています。

そして、それが中学・高校・大学といった、その先のより深い学びにもつながっていくのです。それには、3つの理由があります。

難関校の中学入試問題は難しいとよく言われます。確かに算数は大人でも苦労しますし、国語の読解も難解なものが多いです。

しかし、理科、社会においてはそのイメージは間違っています。理社で理解できないほど難しい内容が聞かれることはレアケースで、ほとんどの場合は、出題範囲が広すぎて覚えきれていないだけなのです。「理解できない」と「知らない」は全然別物ですよね。

要するに、理社の勉強は覚えるのが大変なだけ。じゃあ、覚えるにはどうしたらいいか?

それは、もちろん回数をこなすのが一番です。

一般的な塾のカリキュラムは、第1回「九州地方」、第3回「農業」、第5回「水溶液の分類」などとなっていて、週ごとにその内容を覚えきらねばなりません。しかも、この量が結構多いのです。難しいわけではないが、とにかく多い。何度も繰り返す時間的な余裕がありません。そこで、オススメしたいのがスーパーでのクイズ大会です。

 

いずれは、各地方の農作物は覚えなければいけないとわかりきっています。そして、それらはスーパーに行けばゴロゴロ並んでいます。「このピーマンはどこの都道府県のものでしょう?」「この豚肉はどこの……?」、こういったクイズをお子さんと買い物に行くたびに出題していれば、自然といろいろなものの産地を覚えていきます。

入試では生産高の順位を聞かれることもあるので、せっかくならそれも覚えてしまいたいですね。安心してください。あなたが答えを覚えている必要は全くありません。

「ピーマンの生産高1位はどこでしょう?」と子どもにクイズを出した後で、答え合わせは「HEY! SIRI!」「OK! グーグル!」とスマホに呼びかければいいだけです。お子さんに「知らないことは調べる」という姿を見せましょう。

それにも飽きてきたら、「今日は北関東の食材で料理をしたいと思います。群馬・栃木・茨城の食材を探せ!」というように、逆に聞いても面白いですね。

イメージしやすいようにスーパーを例に出しましたが、あくまでも一例です。スーパー以外にも、空を見上げれば月・星・太陽・天気、街を見渡せば植物・昆虫、台所を探せば酢酸・重曹・塩酸(洗剤)など、受験に出る理科の要素はたくさん転がっています。

これらをネタにクイズを出せば、立派な勉強になります。しかも、子どもにしてみればちゃんと楽しい遊びになるわけです。