ビジネスで大切なことは『遊戯王』から学んだ…選択肢の重みとは何か

世界一売れているのには「理由」がある

ギネス記録にも認定されたカードゲーム

世界で一番売れているカードゲームは何か? それはきっとトランプでしょう。

では、世界で一番売れているトレーディングカードゲームは何か? それは『遊戯王OCG デュエルモンスターズ』(以下、遊戯王OCG)です。遊んだことや名前を聞いたことがなくても、誰でも一度くらいはコンビニや書店で売られているのを見かけたことがあるのではないでしょうか。

遊戯王OCGは、『週刊少年ジャンプ』で連載していたマンガ『遊☆戯☆王』(1996-2004)の劇中ゲームをもとに、1999年に生まれたカードゲームです。『遊☆戯☆王』は当初、主人公が様々なゲームで悪者を倒していくという話だったのですが、カードゲームの話が人気を博したことから、それを主眼においた作品にシフトしていきました。

連載終了後も人気はとどまることなく、今年、発売20周年を迎えました。10月には発行したカードの種類が累計1万種に達することを記念したイベントなども予定されているそうです。

2011年には累計251億7000万枚のカード販売枚数から「世界一販売枚数の多いトレーディングカードゲーム」としてギネスの認定を受けています。現在もその記録は更新され続けていることでしょう。

 

他にも遊戯王OCGの勢いを示すデータとして、販売元のコナミホールディングス株式会社(以下、コナミ)が2019年5月にリリースした決算短信を見てみると、2019年3月までに、遊戯王OCGのスマートフォンゲーム版である『遊戯王 デュエルリンクス』は全世界で累計9000万ダウンロードされています。遊戯王OCG関連事業が含まれるデジタルエンタテインメントの売り上げ約1400億円の中でもかなりの割合を占めているのではないでしょうか。

その他にも各地のカードショップやフリマアプリ、オークションサイトなどで価値の高いカードが単品で取引されていることがあります。そこまでの市場を含めると、全容を捉えるのはもはや不可能ですが、一企業が手掛けている一ゲームの市場としては、とてつもない規模感であるのは間違いありません。