あなたのPC・スマホに炸裂する「マルウェア感染」の恐怖

サイバー詐欺最前線
武井 洋介 プロフィール

「自分は大丈夫」が一番危ない

サイバー犯罪の事例を紹介してきましたが、このような攻撃から自分を守るにはどうしたら良いでしょうか?

電話の詐欺と同様に、電子メールやウェブサイト、SNSによる詐欺行為を自分も受ける可能性があると自覚することが重要です。不審な電子メールを受け取ったらアドレスをよく確認する、至急の対応を求めて来た場合は、あらかじめ入手している電話番号などで直接本人に確認する、突然不審なウェブサイトに飛ばされても、まずは落ち着いて、そのままブラウザを閉じるといった対応を覚えておきましょう。

基本的には皆さんご自身が適切な食生活、睡眠、運動を心がけ、病気にならないようにしているのと同じで、PCやスマートフォンなどのデバイスを健康な状態に維持することが大切です。個人でできる対策をいくつか紹介します。ぜひ継続的に実施して、デバイスの健康管理に気を付けましょう。

 

【パソコン版セキュリティチェックりスト】

□セキュリティパッチを適用しているか
インターネットにアクセスするツール、ダウンロードや受信した際ファイル開封によく使われるアプリケーションのぜい弱性をあらかじめ塞いでおこう。
□Windows Updateはこまめに実施しているか
□Java、 Acrobat、 MS Office、ブラウザなどのアプリケーションは最新か
□ウィルスチェックソフトを導入し、パターンは最新か

□ファイアウォールは有効化しているか
□MS Officeのマクロ自動実行は停止しているか
□Acrobat Readerのscriptの実行は禁止しているか

□データはこまめにバックアップしているか
ただし、ネットワークやPCに繋ぎっぱなしの場所にバックアップを置いていると、バックアップデータも改ざん、破壊されるので注意。
□ブラウザのグリーンバーを確認しているか
ウェブサイトにアクセスするとアドレス部分が緑色になり、正規サイトであることを利用者が視覚的にわかる仕組み。特に個人情報やクレジットカード情報を入力するページでは確認する。

【スマホ版セキュリティチェックリスト】

□OSは最新か
特に日本では古いOSのスマホがまだ数多く利用されており危険。アップデートが通知された場合は速やかに実施するようにしたい。
□古くなり、メーカのサポートが切れた場合は買い替えを
□Root化、Jailbreak(脱獄)はしていないか
□アプリ権限を確認しているか

アプリストアのアプリは安全だと思い込み、ついすぐに「インストール」ボタンを押したくなるが、その前に要求してくる権限が必要以上でないか確認する(例:ゲームソフトなのに通話履歴や電話帳へのアクセスを求める)。
□ブラウザのグリーンバーを確認しているか
PCと同様にスマホのブラウザでも対応している。