(C)2019「天気の子」製作委員会

『天気の子』は娯楽映画のフリしてとんでもなくラジカルだ!

新海誠監督が成功した過酷な綱渡り

新海誠の『天気の子』を新宿の映画館で見て、歌舞伎町から新宿駅へ歩いていると、「自然は芸術を模倣する」というオスカー・ワイルドの言葉を思い出した。

たったいま、スクリーンで見た光景が、目の前にあったからではない。

今年の東京は長雨で、日照時間が記録的に少ないが、この映画は「雨ばかりの東京」の物語なのだ。この偶然に、「まるで自然がこの映画の真似をしているみたいだ」と思ったのだ。

今年の「長雨」を予想して、こういう物語を考えたわけではないばずだが、近年の「異常気象」から、こういう物語を創作してしまった、芸術家の「時代に先駆ける」力は、恐ろしい。

『君の名は。』の続きではあるけれど

『天気の子』には『君の名は。』の主人公の2人が短いシーンながら出てくる(別々のシーン)ので、同じ世界の設定の物語と解釈できる。

この世界では、彗星が落下して村がひとつなくなる大災害の数年後に、今度は東京が長雨に見舞われるのである。

 

長雨は、鬱陶しい。プールに客が来ないとか、洗濯物が乾かないとか、いろいろ「困ったこと」はあるが、まだ「災害」とは言えない。集中豪雨とかにならないと、雨そのものは、気象現象に過ぎない。

『天気の子』の前半も、長雨のなかでの日常が描かれるが、災害にはなっていない。人びとは戸惑いながらも普通に暮らしている。

その東京に、家出少年が「島」から出てきて、偶然からひとりの少女と出会う。このように、典型的なボーイ・ミーツ・ガールの物語として、始まる。

その少女には不思議な力がある。祈るとその周囲だけ短期間だが晴れるのだ。

二人は、その晴れる力をビジネスにしていくのだが、学園祭的なノリのひと夏の青春の思い出的に描かれる。

少年少女とその周辺の人物だけの物語は、やがて国家レベルの大きな物語に発展しかけるのだが、そうならないのが、この映画のよさである。

あくまで、少年と少女の物語に徹する。「個人の物語」であり続けるのだ。だから、せいぜい警官が出てくるだけで、都知事も内閣調査室も自衛隊も総理大臣も出てこない。

もし、この映画からメッセージを読み取るのであれば、国家とか企業、さらには学校や家族とも縁を切ったところで生きよ、それが少年と少女の生き方だ、となる。

大ヒット作の次というプレッシャー

大ヒットした作品の「次回作」は難しい。

業界内で「ヒットして当たり前」と見られるなかでの創作となる。当然、プレッシャーがのしかかる。