年金12万円の夫婦が「リッチな老人ホーム生活」をできた意外な理由

節税もできる
曽根 恵子 プロフィール

Aさん夫婦は自営業でしたので、国民年金で、夫婦で月額12万円ほどの支給で、いままでは困ることはなかったようですが、老人ホームに入ると1人20万円はかかり、やはり年金だけでは足りません。

預金はふたりで1000万円で、このままでは数年でそこをついてしまうため、不安です。こうした不安をなくすためにも家をそのままにせずに、売却して使えるようにする必要があります。

 

節税もできる

Aさんも納得されて、9000万円で売却できました。そのまま空家にしていても、価値は実感できませんが、売却することが使える財産となり、価値が実感できるといえます。

さらに相続税の節税、分割のしやすさなどを考慮して、3つの区分マンションに分けて購入することを提案しました。お金のまま保有すると節税効果がないため、相続で相続税を課税されて減ってしまうのです。

しかし、もう一度賃貸不動産にすれば、評価も下がり、貸付用の特例も使えるようになります。子供たちもAさんも理解されて、対策が進みました。

資産組み替えができた翌年に、Aさんが亡くなりましたが、相続税の申告は必要だったものの、貸付用の特例を生かすなどして、相続税の納税は不要となりました。母親には基礎控除の範囲内としてあるため、二次相続の対策もできています。3人の子供たちはAさんや母親が理解を示してくれて、協力できたからこそではありますが、早めに家を売って対策しておけてよかったと言っておられました。

仮にそのまま空家として保有して相続になった場合、老朽化した建物の修繕費など維持費がかかり続けるため、生前でも負担になります。相続になっても、子供で小規模宅地等の特例を使える子がいません。万一、母親が先に亡くなった場合、特例は使えないため、相続税を払うために売却が必要となり、後手後手となれば財産の目減りは想定できるところです。