2019.07.25
# 日本史

世界の学生たちは「パールハーバー」をどう思っているのか?

歴史と記憶をめぐる対話
キャロル・グラック プロフィール

「日本人として謝らなければならないこと」

グラック教授 次は、「アメリカの英雄主義」と答えたディラン?

ディラン 私の印象は、2つの大きな情報源から来ています。1つ目は、FDR(フランクリン・ルーズベルト大統領)の大ファンである祖母です。彼女はまだ生きていますが、ルーズベルト政権下で育ったので、ルーズベルトがどうパールハーバーに対処したかについて話してくれたり、あんなにひどい出来事が起きたのに大統領はとても勇敢だったと、FDRの対応を高く評価していました。

もう1つの発想は、中学校の歴史の授業です。その時代の出来事について何をどう習ったのかは覚えてないのですが、映画を見たことを覚えています。兵士たちがどう対応したかを、ポジティブな印象で描いた映画でした。

グラック教授 習った内容は覚えていないけれど、映画は覚えているのですね。

ディラン はい。ただ、兵士たちについてのイメージはぼんやりとあります。

 

グラック教授 分かりました。ぼんやりと、ですね。家族の話であり、イメージ的な話でもあるということですね。では次、「日本人として謝らなければならないこと」とは?

トモコ 小学校や中学校で学んだことは確かなのですが、その頃、私は「真珠湾攻撃」という言葉にそれほど関心を払っていませんでした。歴史の中の1つの事実、というくらいの認識です。

でも私は今、広島の被爆者のオーラルヒストリーを集めていて、アメリカに来た2人の被爆者が真珠湾攻撃に対する謝罪から口火を切る場面に出くわしました。彼らに理由を尋ねると、アメリカ人に自分たちの話を聞いてもらうために期待されていることだから、という答えが返ってきました。それで私も、謝るということが求められているのかな、と思うようになりました。

グラック教授 あなたは今現在、このテーマについて研究しているのですね。

トモコ はい、そうです。

グラック教授 では次、「多くの犠牲者」とは?

インニャン 高校の歴史の教科書です。

グラック教授 アメリカの高校でしょうか?

インニャン カナダの高校です。

グラック教授 その高校で、カナダ人の話については習いましたか。アメリカの話、パールハーバーの話以外に、戦時中のカナダ人のストーリーについてはどうでしたか。別の文脈で、など。

インニャン カナダが第二次世界大戦にどう関わったか、については習いました。

祖父と孫との議論になるパールハーバー

グラック教授 分かりました。次は、「だまし討ち」とはどこから?

スコット 『トラ・トラ・トラ!』(1970年、真珠湾攻撃を題材にした日米合作映画)などのハリウッド映画です。あとは、小さいときにテレビのヒストリーチャンネルでももう1本見ました。ヒストリーチャンネルというのは、とにかく第二次世界大戦の話ばかりです。

一同 (笑)

グラック教授 今は、「ヒトラー・チャンネル」と呼ぶ人もいますね(笑)。アメリカのヒストリーチャンネルが放映する番組の第二次世界大戦の舞台は、今でもアジアというよりヨーロッパが中心です。では次に、「アメリカの愛国心」とは?

スペンサー ヒストリーチャンネルのドキュメンタリーです。でも当時は幼過ぎて、こういうことがあった、という以上のことは理解できませんでした。もう1つ、祖父の影響というのがあります。祖父は海兵隊のエンジニアをしていて、終戦間際に日本に送られました。

僕がこういうドキュメンタリーを見ていると、いつも祖父と議論になります。彼は常に、「この瞬間」について話します。パールハーバーのことです。この瞬間が、最も愛国心を掻き立てられたときだと。それが祖父個人の話なのか、アメリカ全体の愛国心の話なのかは覚えていませんが、2人でいつも議論になりました。

グラック教授 「この瞬間」が、パールハーバーだと。自分のおじいさんとは議論すべきではないと思いますが(笑)。では次、「観光地化している記念館」というのはどうして?

ジャジャ ハワイに行ってきたので。

一同 (笑)

グラック教授 簡単な答えですね(笑)。ハワイに行く前にパールハーバーについて聞いたのはいつですか。

ジャジャ たぶん中学校の歴史の授業で習ったと思うのですが、正直よく覚えていません。

関連記事