作家で獣医師でもある片川優子さんの連載「ペットと生きるために大切なこと」。前回は肥満についてお伝えした。今回は夏が本番を迎えるこれから必要となってくる「熱中症」について。予防策と、熱中症になってしまったときの対策について、よりリスクの高い犬の例を中心に具体的にお伝えしよう。

前回の連載はこちら

人間よりも熱中症のリスクは高い

ある年の夏、フレンチブルドッグが病院に運びこまれた。外を10分ほど散歩し、帰ってから様子がおかしいという。見ると、ハアハアと荒い息をしている上、足腰に力が入らず、ぐったりしている。

体温を測ると41度近い。真夏の散歩後という話と症状から、熱中症と診断、すぐに体を冷やし、点滴を行うなど、必要な処置が行われた。
その後体温は下がったものの、吐血、下血が起こり、次第に意識は混濁。そして、残念なことにその日のうちに亡くなってしまった。

朝まで元気だった愛犬が、夜には冷たくなって帰ってくることなど誰か予想できただろう。しかも、愛犬を想って行った散歩がその引き金になってしまったとしたら――オーナーの心情を考えると、やるせない気持ちでいっぱいになった。
そして、一気に進行し、たった数時間で命を落としてしまう可能性が高い熱中症の恐ろしさを、改めて肌で感じた一件だった。

Photo by iStock

いよいよ夏本番、気をつけなければならないのは熱中症だ。人間と同様に、犬や猫も熱中症になる危険がある。しかも、実は人間よりもリスクが高く、報告によると犬の熱中症の致死率は50~56%と、非常に高い(引用1,2)

予防はもちろんだが、異変を感じた時にすぐ適切な対応できるかといった、飼い主の行動が非常に重要になってくる。
生死に直結してしまう怖い病気である熱中症、大切なペットとこれからも生きていくために、改めて学んでいきたい。

気温×湿度が高いと危ない

人間は汗をかくことで、体内で発生した熱を外に逃がすことができるが、犬や猫は汗腺があまり発達していないため、主にパンティング、つまり口でハアハアと呼吸することにより熱を体の外に逃がしている。しかし、気温や湿度が高い場合には、熱をうまく逃がすことができず、体内に熱がこもりやすくなってしまう。

また、パンティングによってどんどん体の水分が失われるため、きちんと水分補給しないと脱水になりやすくなる。脱水になると、体の血の巡りが悪くなり、さらに熱を溜め込んでしまう。

その結果、体温が42.8℃まで上がると、体を構成している細胞が死んでしまう。すると、心臓や消化器などをはじめとする臓器が機能しなくなり、意識が混濁する、けいれん発作がでるなどの神経症状が起こり、半数は24時間以内に命を落としてしまう。また、48時間以上生存していた場合は助かるという報告もある(引用3)