元経済ヤクザが、フェイスブック通貨・リブラを「テロ」と見る理由

狙いは「世界共通通貨」への下克上だ
猫組長(菅原潮) プロフィール

「世界共通通貨」になるのか?

現時点でFacebookの利用者数は30億人とも言われ、銀行口座を持たない貧困層の約26億人と合わせれば、その規模は超絶なものとなる。すなわち「リブラ」の実用化とは、国境に縛られることのない30億人の新たな巨大経済圏の創造を意味しているのだ。

注意しなければならないのは、現在「仮想通貨」の代名詞となっているビットコインと、リブラは「似て非なるもの」である点だ。

 

現在流通する貨幣には、発行主体や、その価値を裏付ける「資産」が存在する。ビットコインにはこれがない。そこで過去の取引履歴データとの整合性を取りながら取引の承認・確認作業を行う。この作業は「マイニング」(mining=発掘)と呼ばれる。

つまりビットコインの実体は、本質的には「こども銀行券」と同じで、「価値があるかも知れない」という幻想が価格を高騰させてきたに過ぎないということだ。

一方の「リブラ」は、Facebookがスイスを拠点とする新たな金融機関を創設し、ドルやユーロ、円など信頼性の高い通貨を実際に保有して、価値を裏付ける仕組みだという。運営組織が保有する通貨の比率は現在まで明らかにされていないものの、実際の通貨と交換可能とされている。

私は近い将来、各国が自国通貨を仮想通貨化すると予想している。各国政府が発行する国債などの債権がソブリン債と呼ばれることから、私はこれを「ソブリン・クリプトカレンシー」と名付けていた。現在では「CBCC」(Central Bank Crypto Currencyの略)に統一されつつある。

例えば日本銀行がCBCCとして「JPY」を開発した場合、1JPY=1円というように、現実的な通貨と交換可能でありながら、円滑に海外に送金できる機能を持つことになるだろう。

「リブラ」の実用化が意味するのは、巨大経済圏に参加する人々が「独自の通貨」を持つということだ。これは、Facebookがボーダレスな「世界中央銀行」を新たに創設し、擬似的な世界共通通貨のCBCCを発行するということに他ならない。

1944年のブレトン・ウッズ協定以来、ドルは世界の「基軸通貨」となってきた。ドルが石油、穀物、武器といった戦略物資から、麻薬の売買に至るまであらゆる決算で使用されるのはこのためだ。

7月11日、アメリカのトランプ大統領がリブラに触れて、「今後も世界を支配する通貨は米ドルだ」とツイートしたのは、「リブラ」によって基軸通貨としてのドルの地位が奪われかねないという危機感の表れと言えるだろう。

Photo by gettyimages

それが実現すれば、ドルを中心として構成された世界の為替構造は崩壊を迎える。現在、各国の中央銀行はインフレを通貨の供給量などによってコントロールしているが、この機能も失われることになる。

1日2ドルで暮らす人々が、自国の通貨を「リブラ」に交換すると、大規模なキャピタルフライトも起こるだろう。経済基盤の脆弱な貧困国は、深刻なハイパーインフレやデフォルトに陥り、世界同時多発的な経済危機が起こる可能性も考えなければならない。

パナマやエクアドル、エルサルバドルなど経済基盤が脆弱な中南米の国の一部は、ドルを自国通貨として認めている。これは「ダラライゼーション」と呼ばれるが、リブラが誕生すれば、自国通貨をこれに置き換えるような「リブライゼーション」も起こるだろう。すなわちFacebookが世界の金融を支配するということになる。