# 自動車

ついにベントレーも参入!「高級EV車」が社会的ステータスになる日

“高級車らしさ”とは何か
御堀 直嗣 プロフィール

「EVは不便」という意見は正しいのか

とはいえ、ロールス・ロイスがこれほどエンジンにこだわる理由の一つと考えられるのは、EVの一充電走行距離に制約があるためだろう。現状、1回の充電で走行できる距離は400~500kmが1つの指標となっている。これに対し、ベントレーも一充電走行距離で700kmを目指すとし、そのためには今以上の技術革新が必要だとしている。

高級車は、あらゆる性能で一番であることが求められるのが世の常。しかし、一充電で700kmの距離を走れたとして、その間一度も休まずに行く人など本当に存在するだろうか?

テスラの「モデルS」は最長約600kmの一充電走行距離を誇る。そしてテスラは、自社の資金で急速充電器の整備を行い、保有者に不便を感じさせない努力をしてきた。魅力的なEV作りだけでなく、そうした顧客サービスも新興のテスラにファンを呼び寄せた。

Photo by iStock

これまでのエンジン車の使い方から想像すると、EVの不便さが目に付くかもしれない。しかし、日常的にはもちろん、長距離移動に際しても、人が休憩したり、食事をしたり、買い物をしたり、人と商談をしたりする間に、充電を済ませることができるのがEV最大の特徴だ。つまり、何か用事を済ませている間に次の目的地へ向けた充電が終わるのがEVであり、わざわざガソリンスタンドを探して立ち寄るような煩わしさを無くしてくれる

とはいえ現状、人が立ち寄る目的地に充電設備が十分に整備されていない課題は存在する。そこに気づき、急速充電でなくても安価に設置できる普通充電器が整えば、EVの有用性はさらに高まるはずだ。

 

実際、EVを先行導入した日産や三菱自は、社屋や工場の駐車場に充電器を設置することで、EVによる通勤を快適にするとともに、通勤費の節約にもつなげている。テスラの充電器設置の動きも、あえて富裕層が立ち寄る場所を優先して進められてきた。ベントレーも、そうした顧客支援策なり、他業種との連携をEV化事業に取り込めば、一充電走行距離に対する懸念は払拭されるだろう。

EVの普及は、単に環境問題への対応策だけはない。日々、人々が、実は負担に思ったり懸念していたりしたものを取り除き、無駄なく効率的に生活や旅を続けられる移動手段なのである