写真=松崎隆司

セブン‐イレブンが参入! 沖縄コンビニ戦争「仁義なき戦い」の現場

ファミマ、ローソンも黙ってないゾ!

玉城デニー知事が語ったセブン‐イレブンの「味」

セブン‐イレブンが、ついに沖縄に進出を果たした。同社は全国で店舗を展開してきたが、沖縄だけは手つかずで残された「最後の土地」だった。いよいよ、仁義なきコンビニ戦争の幕が切って落とされた。ファミリーマートとローソンも、静観するはずはない。

7月10日、沖縄県庁の6階にある知事応接室。

すでに5台の地元テレビと40人の記者たちが取り囲む中で最初に姿を現わしたのは、表敬訪問にやってきたセブン‐イレブン・ジャパン(以下=セブン‐イレブン)の古屋一樹会長、セブン‐イレブン・沖縄の久鍋研二社長の二人だった。

数分後に遅れて登場した玉城デニー沖縄県知事と挨拶を交わすと、三者は会談に入った。

「一日でも早く沖縄に出店したかった」と古屋会長が胸中を語れば、玉城知事もまた「県内の皆さんも楽しみにしていると思う。衆院議員だったので、議員会館のお店は利用していた。ゴーヤーチャンプルーも本当に沖縄の味だなと思って食べていた」とセブン‐イレブンの思い出を披露した。

 

セブン‐イレブンの進出は地元にとっては、新しい雇用創出の場になる。すでに工場では150人の採用を行い、今後は300人まで拡大していく方針、オープン前に行われる恒例の合同ターンキー式ではセブン沖縄の社員、店長、アルバイト、取引先なども含め300人が参加した。

なぜセブン‐イレブンは、沖縄進出を決めたのか。セブン‐イレブン・沖縄の久鍋社長は記者会見で次のように語っている。

「沖縄は経済成長が続いており、中食市場、外食市場も大きく伸びている。競争相手は他社ではなく、沖縄の客だと思っている。ファンをどれだけ多くつくるかで、250店は出店できると考えている」

記者会見での久鍋社長

こうしてセブン‐イレブンは、7月11日の「セブン・イレブンの日」に沖縄に初上陸して全国47都道府県に出店を果たした。

今回出店したのは那覇市内を中心にした14店舗で、エリアフランチャイザー(※)を使わない単独店。ただ、県内の有力企業、金秀本社(本社・那覇市)や沖縄ツーリストなどにも店舗のオーナーをお願いし、地元企業にも協力を仰いでいる。

(※)エリアフランチャイザーとは、フランチャイズ本社から特定の地域で加入店を募集する権利を与えられるもの。

今後は南部から北上し、2020年からは沖縄本島全域に出店、5年間で250店舗を出店していく予定だという。

「沖縄はコンビニエンスストアに馴染みがあり利用者が多い上に、インバウンド需要も増えている。大きな可能性のある地域だと思っている」(セブン‐イレブン関係者)