撮影/佐藤圭
# 癒し # 絶景

早起きした人だけが楽しめる絶景。青空と水鏡のさわやかなコラボ!

北海道から毎日お届け中!

陽が高くなって気温が上がれば消えてしまう

朝焼けの雨竜沼を撮影するために、夜中の2時半から雨竜沼湿原を目指しました。

車を登山道入口のゲートパークに停め、そこから約4kmの登山道を上ります。

 

結局、この日は、朝焼けはさほど焼けませんでしたが、素晴らしい流れ雲が発生しました。

雨竜沼湿原には大小700以上の池塘(ちとう)と呼ばれる沼が点在し、その最大の沼が雨竜沼です。

夏の湿原は、一気に咲き乱れる高山植物が美しいのですが、この日のように天気のいい日は、青空と夏雲と沼の水面のコラボレーションが楽しみのひとつです。

早朝は風が弱く、沼は鏡のように風景を映し込んでくれます。

気温が上がると風が出てくるので、映り込みはなくなってしまいます。

早起きしたからこそのご褒美ですね。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!