# 採用 # 就活

もう建前はいらない!「採用直結型インターン」の何が悪いのか?

よりオープンな新卒採用を
佐原 資寛 プロフィール

キャリアセンターの声「学生をお客様扱いしないで」

とあるキャリアセンターの方と話をした際に、インターンシップの話題が出た。大学側としても、大学要請で後ろ倒しになった採用スケジュールを大学が自ら破る訳には行かないようだ。

その一方で、就職先や就職率といった指標は当然に注目されるため、学生にはちゃんと就活をして就職先を見つけて欲しいと言う。実際にこの大学でも、広報解禁(大学3年の3月)を待たずして、企業人事と学生がコミュニケーションをとるイベントを実施している。

Photo by GettyImages

名目はあくまで就活の場ではなく、「業界研究会」としている。この手の話はすでに多くの大学で聞く話で、歪みの一端を見るようだ。

インターンシップに関しても、学生には、できるだけ参加するよう指導はしているものの、売り手市場であることと、企業側の母集団形成につなげたい思惑もあいまって、学生はお客様扱いされる。

 

さらには選考直結型ではないという点で安心しているのか、「こんなもんなら、就活本番も余裕だ」とロクに準備もせずに就活に臨み、短期間で複数社に落ちてパニックになるらしい。

大学キャリアセンター職員も企業が採用と切り離したインターンシップをメリットもなくコストをかけて、わざわざやる訳ないということは重々わかっている。しかし、ある意味「ルール」として報道される「採用直結ではないインターンシップ」という言葉だけが学生をミスリードしていると言う。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/