Photo by iStock
# 採用 # 就活

もう建前はいらない!「採用直結型インターン」の何が悪いのか?

よりオープンな新卒採用を

本年4月に、大学側と経団連の間で通年採用への移行が合意された。「ようやく形骸化したルールに縛られることがなくなり、本音と建て前の使い分けをする必要が一つなくなると思うと大きな前進だ」と新卒採用に特化したSNSを展開している企業・EDGE株式会社の佐原資寛氏は言う。

それほどまでに、新卒採用の現場には「建前」があふれていたのだろうか。佐原氏は、一つの例として「インターンシップ」の位置づけを挙げ、それがいかに学生を戸惑わせてきたのか、解説してくれた。

そもそも、就活は悪者か?

近年の就活の流れを振り返るために、少し前の話から始めさせていただく。

2019年3月、これまで経団連が進めてきた「採用選考に関する指針」に代わるものとして、政府が経済団体や業界団体に向けて「就活ルール」として要請を出した。その中には採用直結型インターンシップの自粛も盛り込まれている。

そもそも、これまでは経団連が主導する形で指針を定めてきたが、それが廃止されることに伴う措置だ。

Photo by GettyImages

就活のスタート時期に縛りができたのは、就活の早期化、長期化によって学業に影響がでるということらしいが、就活だけを悪者にする議論の起点が間違っているのではないか。

実際に授業に出ない、学業を疎かにするという現状は、例えばアルバイトやサークル活動に起因することの方がよっぽど影響が大きいように感じる。大学側の授業も学生を惹きつけるような工夫が十分と言えるだろうか。

 

断っておくが大学教職員の中でも、本質的な問題解決に努力をし、学生のサポートに奔走している方は大勢いる。しかし、それはあくまで各現場での努力であって、総論で考えた時に、やはり今の就活だけを取り上げて論じる形に違和感しか感じないのである。

以下、学生を指導するキャリアセンター、採用担当者の声を紹介するが、議論の起点がずれてしまっているが故に、実態とルールが乖離し、就活に関わる全ての人にとって不利益しか生まない現状になっていることがよくわかる。