〔PHOTO〕Gettyimages

米中貿易戦争のヤバい影響「製造業の景況感」に起きた異変

この数字は危険だ

現在、世界経済はそれなりに安定感を維持している。世界経済の牽引役の米国が、個人消費を中心にしっかりとしているからだ。それに加えて世界的な人手不足で給与水準は上昇傾向を辿っており、世界各国で物の売れ行きは相応のペースを保っている。

一方、世界的に製造業の景況感は軟化している。主な理由は世界的なサプライチェーンの混乱だ。この動きは、世界経済の先行きにとって無視できない影響を与える。足許、グローバル経済を取り囲む不確実性要因は増大している。加えて、米国と中国の摩擦は“覇権国争い”であり、短期間で解決に向かうとは考えづらい。徐々に、世界経済の先行きへ不安は高まり易い。今後の展開に注意が必要だ。

 

悪化する世界の製造業景況感

足許、世界経済全体は、不安定ながらも相応の安定感を保っている。50を境に景気の改善と悪化を示すグローバルPMI(購買担当者景況感指数)を見ると、総合(製造業+非製造業)のPMIは趨勢としては低下してはいるものの、依然として50を上回っている。これには非製造業の景況感が改善傾向を維持していることが大きく影響している。

非製造業の景況感を支えている最大の要因は、“人手不足”だ。近年の世界経済にとって、人手不足は各国に共通する無視できない問題となっている。労働市場のひっ迫感は高まり、賃金には上昇圧力がかかりやすい状況が続いている。賃金が緩やかに上昇していることが家計の財布のひもを緩め、外食など非製造業の業況を下支えしていると考えられる。

〔PHOTO〕iStock

一方、製造業の景況感は悪化が著しい。5月には世界の製造業PMIが50を下回った。中国を筆頭に、ユーロ圏などで製造業の景況感悪化が鮮明化している。相対的に景気が好調な米国ではISM製造業景況感指数が50を上回ってはいるが、その水準はトランプ大統領就任時のレベルを下回った。

製造業の景況感悪化に大きな影響を与えているのが米中摩擦だ。足許、世界の工場としての地位を発揮してきた中国経済の地位が低下している。各国の企業は制裁関税を逃れるために生産拠点を置いてきた中国から他の新興国へ生産拠点を移し始めた。先行きの調達・供給網の安定が見込みづらくなっていることが、世界の製造業の足かせとなっている。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら