キャッシュレス決済の終焉か…ようやく見えた7pay騒動の「深層」

なぜバーコード決済は乱立したのか
星 暁雄 プロフィール

これほど7payにこだわった理由

セブン&アイHDは、ICカード型電子マネーであるnanacoのユーザーをバーコード決済の7payに誘導しようとした。nanacoのポイント還元率を減らす一方、7payのポイント還元率を高く設定したのだ。

背景として、nanacoの将来性に疑問が出ていたことがある。日本で普及しているiPhoneで使えるタッチ決済の枠組み「Apple Pay」ではnanacoは使えない。プリペイド式ICカード型電子マネーで使えるのはSuica一択だ(そのほか、ポストペイ式電子マネーのiDとQUICPayがApple Payに対応している)。

Apple PayでSuicaが使えることの方が『特別待遇』といえる」と前出の鈴木氏は言う。「世界的に見れば、小売り店舗向け決済手段のスタンダードは大手クレジットカード会社が推進するタッチ決済だ」(鈴木氏)。

 

VISA、Masterなど世界の有力カードブランドは「EMV Contactless」と呼ぶ仕様でタッチ決済(非接触決済)できるICチップ付きクレジットカードの普及を図っている。一方、前述のnanacoを含め、Suicaのように日本で親しまれているプリペイド式ICカード型電子マネーは、グローバル市場を相手にするAppleからは日本に特化した「ガラパゴス仕様」に見えているのだ。

セブン&アイHDが、nanacoのユーザーを7payに誘導したもう一つの大きな理由が、前述のオムニチャネル戦略だ。あらゆる顧客接点を活用して販売促進を図る戦略である。この観点で見るとnanacoのようなICカード型電子マネーは顧客との接触時間が短く、顧客接点として使いにくかった。

一方、スマートフォンアプリから利用するバーコード決済サービスは、アプリ画面に広告を表示したり、利用状況に応じて「バッジ」がもらえるゲーム的な要素を付け加えたりと、顧客接点として多様な使い方が可能だ。アプリの広告は利用者にとって邪魔に見えるかもしれないが、事業者にとっては貴重な顧客接点に見えているのだ。