京アニ放火事件、犯人の「病気」を強調する報道への大きな違和感

「戦後最悪の事件」を理解するためには
原田 隆之 プロフィール

真の犯罪理解のために

したがって、こうした要因を丁寧に分析していかないと、犯罪の理解はできない。

今後いろいろなことが徐々に明らかになってくると思われるが、「精神病だ」「通院歴があった」などと、わかりやすい1つや2つの理由に飛びついてはならない。

精神鑑定をするにしても、特にリスクファクターの検討を中心にして、緻密で冷静な分析がなされる必要がある。

 

犯罪のリスクファクターを有する者は、病気であろうがなかろうが、犯罪に赴く確率が高い。むしろ、病気でない者のほうがリスクが高い。

逆に言うと、精神障害のある者のほうが、犯罪リスクが低い。これは、長年の研究の積み重ねによって明らかにされている科学的事実である。

したがって、病気だけをあからさまに強調し、あたかも犯罪の原因を解明したかのようになることは、犯罪の原因を誤って理解することになるばかりか、精神障害者へのあらぬ偏見を強めることになり、二重の意味で危険である。

事件後、京都アニメーションの作品を愛する人々が、募金を始めたという。社屋や機材を整えるだけでも、相当な額になるだろう。

しかし、失った貴重な人材や才能は、元には戻らない。そして、アニメを愛する多くの人々の思いや、アニメとともにあった思い出までも殺してしまった。その罪はとてつもなく大きい。