photo by iStock

年金は巨大な「国営ねずみ講」だから、負の所得税に一本化すべきワケ

最後は踏み倒される

年金は巨大な国営ねずみ講である

「年金」に関する議論が盛んだが、大前提が抜け落ちていると思う。それは、「年金」というものが、国営の巨大なねずみ講であるということである。

日本でもっとも古い年金制度は、1875年に公布された「軍人恩給」であると考えられている。その後、公務員向けにたくさん作られた恩給制度を1本にまとめた「恩給法」が1923年に制定された。

日本で最初の企業年金は、鐘淵紡績(カネボウ)の経営者がドイツ鉄鋼メーカの福利厚生を研究して1905年に始めた。

本格的な「国民皆年金」のスタートは、1941年の「労働者年金保険法」であろう。戦時中ということで、異論もあったが、年金の支払いは数十年先であるのに対して、保険料は日銭で入ってくるので「当面の戦費調達」のために始めたとされる。

つまり、国営ねずみ講の胴元は日本国政府であり、手にした「上納金」は戦費などで蒸発してしまったということである。

 

これは、戦後の年金制度でも同じだが、ねずみ講同様、年金を始めた当初は信じられないほどの資金が流入する。

もちろん、それらは将来の年金の支払いのために、大事に預かり堅実な運用によって増やさなければならない。少なくとも民間の保険会社は年金保険を含めた商品でそのように運用している。