初めて韓国を訪れたのは、2009年のこと。それから渡韓歴は100回以上! いつ行っても新しい魅力があり、何回行っても飽きない。そして、東京から片道約2時間で行ける手軽さにも惚れたというスタイリストの池田めぐみさんに、韓国旅で役立つ情報を教えてもらいました。職業柄、センスのいいスポットが盛りだくさん!
池田さんのInstagram▶

カフェ大国ともいえる韓国には、フォトジェニックなカフェや居心地のいいほっこり系、シンプルな洗練系など、さまざまなバリエーションのカフェがあり、渡韓するたびに新店を見かけるそう。そのため、日本からもカフェ巡りを目的に旅行する人も多いんだとか。

もちろん、池田さんもその一人。数あるおすすめカフェのなかから、今回は「色が鮮やかで、見た目も可愛いade(エード)のドリンク」に定評のあるお店をご紹介します。adeとは韓国のカフェでは定番人気の果汁を薄めて甘みを加えた飲料のこと。夏にぴったりの涼やかで、写真映えする一杯をお届けします。

ドリンクだけでなくフードにも
注目したいおしゃれカフェ3選

1軒目は、弘大(ホンデ)の隣町、延南洞(ヨンナムドン)にある「one more propose」。お店がある延南洞は最近おしゃれなショップが増えているので今後注目しておくべきエリアのひとつです。

このお店はadeのメニューが他のお店に比べて多く、月替わりのフレーバーも登場します。7月は爽やかで甘いフルーツを使ったサマーエードや桃を使ったピーチエードがありました。フルーツたっぷりなのでデザート感覚で楽しめます。今は8月のメニューになっているのでお店のInstagramで確認してみてくださいね。

また、スイーツも手の込んだものが多く、こんな可愛らしいケーキも! 韓国のカフェには動物やキャラクターをモチーフにしたスイーツが多いので、それを目当てにカフェ巡りをするのも楽しいかもしれませんね。

店内はシンプルな造りで居心地がよく、ひとりでも入りやすい空間です。

one more propose
ソウル特別市麻浦区延南洞223-44
Instagram:@onemorepropose

次にご紹介するのは、ソウルの森というとても大きな公園の近くにある「SCENERY」。2018年にオープンしたカフェです。最寄り駅は聖水(ソンス)。このエリアもおしゃれなカフェが増えてきているので注目ですよ。

私がオーダーしたのはゆずのエード(写真右)。さっぱりとしていて暑い日にぴったりの味。訪れたのが4月なので現在はメニューにない可能性がありますが、その代わりに別のおすすめエードがあると思います。お店のInstagramで確認してみてくださいね。ちなみに写真左のアップルティーは友人が注文したもの。こちらのお味は普通でした(笑)。

SCENERYはフードもおすすめ! こちらはキレイな盛り付けにまずやられてしまうフレンチトースト。ここまで写真を撮られることを意識した盛り付けは韓国ならではかもしれません。スタッフの方が丁寧に作られているので注文してから出てくるまでに少し時間はかかりますが(笑)味はバツグン! 

もうひとつおすすめなのが、海老とアボカドのサンドイッチ。メニューにはサンドイッチと書いてありますが、具材を挟むのではなく、載せるタイプのサンドイッチです。なので、これまた写真映えします。下のパンはもちもちしていて食べごたえアリ! 私は友人とシェアしましたが、見た目以上にお腹は満たされると思います。12時からの営業なのでブランチに行ってみてはいかがでしょうか。

壁やテーブル上に飾られた小物なども可愛く、お店自体の写真映えも◎。店内には洋服が並べられたショールームもあります。

SCENERY
ソウル特別市城東区聖水洞1街656-435 3F
Instagram:@scenery_coffee