# 休み方

執事だけが知る「大富豪の休み方」、一般人とはここが違う

「超一流」はカレンダーに縛られない
新井 直之 プロフィール

休みは土日でなくてもいい

「今度の日曜日は出勤で……」と聞くと、私たちはつい反射的に「大変ですね」「お疲れ様です」などと返してしまいます。

なぜなら、日曜日は仕事をしない日、休みの日だからです。

 

カレンダーには、日曜日や祝祭日が赤色で記されています。週休2日制が普及し、土曜日が青色で色分けされているものもめずらしくありません。

もちろん実際に仕事をしていると、イレギュラーな場面もあります。カレンダー通りにいかず、休日出勤して、休みを調整することもあるでしょう。

いずれにせよ、カレンダーをベースに休みを取っているのです。

ですが、これは能動的に休みを取っている状態とは言えません。

「いつ休むか」をカレンダーに教わっている、ある意味、受け身的な休み方です。

これでは、まだまだ二流・三流の休み方と言えるでしょう。

では、超一流はどうしているのか。

Photo by iStock

超一流は、カレンダーを改ざんします。

私がそれに気づいたのは、あるお客様から「真っ黒なカレンダーがほしい」と言われたことがきっかけでした。

土日祝日が色付けされていない、日付と曜日だけがわかるシンプルなものがほしいというのです。市販のものをいくら探しても、そんなカレンダーは存在しません。結局、そのときはパソコンで手づくりしました。