# ファイナンシャルリテラシー

子どもの「お金の感覚」は、このシンプルなゲームで鍛えなさい

日常生活が「学びの場」になる
ミアン・サミ プロフィール

不動産投資の感覚を身につけるクイズ

不動産について話をすることは、リッチマインドを育てる良いテーマです。

私は、北海道に賃貸で9階建ての不動産を所有しているのですが、先日この部屋の値段について、子どもから質問がありました。

「パパ、北海道のマンションは1部屋何円で貸しているの?」

「1部屋9万円だよ」

「ふーん」

「59部屋あるということは、全体でひと月に入る収益はいくらになるかわかる?」

と質問しました。

 

このやりとりは、掛け算できることをヒントに教えます。そこから、管理費などがあることなどに話を展開していき、不動産投資について教えていきます。

一般のご家庭では、不動産なんて持っていないし、こんな話が親子でできるのは、結局金持ちの家だけだと思われたかもしれません。

でも、そんなことはありません。どのご家庭でもできることなのです。

例えば、もし、ご自宅が賃貸マンションであれば、その部屋の賃料から、マンション一棟の値段を計算してみたりすればよいわけですから。

不動産は、会社や個人など、住居を借りたい人にその住居を貸すということで、問題解決をしています。不動産投資とは、そのような問題解決に、お金を提供するというものです。

日頃からこんな計算をしていると、実際に投資物件を見たときに、すぐに収益の計算がぱっとできるようになり、投資をすべきかどうかの判断力が育つようになります。