# 自動車

さらばVW・ビートル、いま明かされる「ヤナセ」との知られざる物語

「カブトムシ」の愛称で親しまれた
御堀 直嗣 プロフィール

創業は、100年以上前の1915年(大正4年)に遡る。創業者である梁瀬長太郎が、東京の港区日比谷に梁瀬商会を設立し、GMのキャデラックとビュイックの輸入、および鉱物油の輸入を開始した。これにより、日比谷は輸入車にとって一つの聖地ともなった。余談ながら、第1回の全日本自動車ショー(モーターショー)は、1945年(昭和29年)に日比谷公園で開催されている。

 

1922年(大正11年)にヤナセは、輸入車販売だけにとどまらず、独自の技術でクルマの開発も行っている。これは、トヨタ(1933年に試作に着手)より早い自社製造であり、ヤナセがいかに自動車業界において先駆的であったかを知ることができる。

第二次世界大戦後、ヤナセはまずGM車の輸入販売を再開し、続いてメルセデス・ベンツ、そしてフォルクスワーゲンの輸入販売を始める。

この時すでに、日本に輸入される前にもかかわらず、ビートルの評判は国内に周知されており、クルマ自体の信頼・耐久性のみならず、アフターサービスを重視するフォルクスワーゲンの販売姿勢も評価され、それが日本でも評判を得た。

Photo by iStock

歴史に裏付けられたクルマに関するヤナセの知見と、販売後も丁寧に保守整備を行うフォルクスワーゲンの姿勢が、ビートルの顧客をなにより安心させた。ヤナセは創業当時、まだクルマになじみの薄かった日本において、運転者を育てることも並行して行っており、フォルクスワーゲンのアフターサービスの対応は、そうしたヤナセの顧客重視の事業姿勢とも合致していたのである。

一方で他の輸入車の場合、必ずしも品質や耐久性に十分ではなかった時代もあり、「壊れやすいのではないか」などと噂される場合がある。それに対しドイツ車は安心という信頼は、メルセデス・ベンツやフォルクスワーゲンを丁寧に販売してきたヤナセの尽力に負うところも多い。