撮影/佐藤圭
# 癒し # 動物

ウサギの耳は危険を察知するレーダー。ピンと立ったら警戒警報!

北海道から毎日お届け中!

ながーい耳で危険を察知します

夏毛のチョコレートブラウンの毛色になったエゾユキウサギです。

 

耳を倒して餌を食べているのは、何も危険を感じてなくて安心している状態です。

耳が倒れているのは安心している証拠
 

食べているのは、ソーメンのように細長いスギナです。

周りにはもっと美味しそうな葉っぱがたくさんあるんですが、なぜかスギナが大好物のようです。

もう1枚の写真は、危険を察知して警戒している状態です

エゾユキウサギは、警戒していると自慢の耳をピンと立てて、周囲の音を聞こうとします。

そして、カンガルーのように立ち上がったときは、最大限に警戒している状態です。

立ち上がった次の瞬間、風のように走り去ってしまいます。

エゾナキウサギの撮影は、彼らの敵ではないと思わせることが重要です。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!