画像は任天堂のニュースリリースより

任天堂はなぜ、最大の特徴を捨ててまで新型「スイッチ」を作ったのか

単なる“廉価版”ではない

2019年7月11日、任天堂は「Nintendo Switich Lite」という新たなゲーム機を発表した。これはすでに発売されている従来のNintendo Switch(以下、通常版と表記)を携帯しやすいよう変更を加えたもので、“同じソフトを遊べるものの携帯ゲーム機になった”と解釈していいだろう。

画像は任天堂のニュースリリースより

通常版との違いはいくつかあるものの、やはり最大の変更はテレビに接続できなくなるという部分だ。小型化は誰もが予想していたことだが、この機能を無くしてしまうという発想は思いつかなかった。なぜなら、それこそがNintendo Switch最大の特徴だからだ。

通常版は、家ならテレビに繋いで大画面で遊ぶことができ、そうでない状況では携帯モードでどこでも遊べるというのが売りだった。いわば「ハイブリッド制」、つまり据え置きゲーム機と携帯ゲーム機のハイブリッドであることによって注目され、かつそれが成功において重要な要素のひとつだったわけである。今になって、任天堂がその要素を無くした新モデルを出すのには、どういった理由があるのだろうか。

 

「新機能」が不要になることもある

Nintendo Switch Lite(以下、ライトと表記)は確かに通常版と比べると、できないことが増えているものの、価格は19980円(税別)と、1万円近く安くなっている。これは非常に大きなメリットで、より多くの層にアプローチできることは間違いないだろう。

とはいえ、前述のように「最大とも言える特徴を取り払っていいのか?」と疑問に思うゲームファンもいるだろうし、実際そういう声を挙げている人もいる。しかしながら、任天堂がこれと同じようなことをするのは初めてではない。ニンテンドー3DSでも似たようなことをしているのだ。