撮影/佐藤圭
# 癒し # 動物

事件です! 幼気な子供の衝突事故!? かわいい子鹿の希少画像

北海道から毎日お届け中!

山男でさえ、初めて撮れた1枚です

エゾユキウサギの撮影中に、エゾシカの親子に出会いました。

北海道ではエゾシカがどんどん増えていて、市街地で野性のシカを見かけることも多くなっています。地元留萌でも、街の繁華街で信号待ちをしているシカが目撃されたことがあります。

 

とはいえ、それは春先のことで、民家の周辺は山よりも雪解けが早いので、エサを求めて降りてくるからです。町の周辺は除雪もしてますからね。

夏になると、エゾシカたちはエサが豊富な山奥へ入っていくため、山で撮影していても姿を見かけることはごくまれです。

特に、この写真のような幼い子鹿を見ることはめったにありません。僕が撮影できたのもこの1枚が初めてです。

エゾシカの出産は6月から7月ですが、メスは群れから離れて出産し、子供を守るために警戒心が強くなっているので、出会う可能性は皆無と言ってもいいかもしれません。

この日、奇跡的に遭遇できたのは、生まれてまだ1週間ほどの小鹿のバンビちゃんです。

子鹿がお母さんに衝突!

100mほど離れたところから観察していると、森のほうへゆっくり移動し始めました。

お母さんは何度も振り返り、小鹿の様子をうかがいいます。

なにかに驚いたのか、お母さんは、突然、猛ダッシュして、すぐに急ブレーキをかけました。

あわてて追いかけた小鹿はお母さんの体に、ドンと衝突!

遠くから見ているこちらもびっくりするほどの衝突でしたが、小鹿は無事なようです。

ぶつかった後、お母さんが、子鹿の顔をペロペロと舐めてあげていました。

この季節は、このような野生動物の親子の微笑ましいシーンを見かけることが多くなります。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!