撮影/佐藤圭
# 癒し # 絶景

雪解け水がほとばしる「ホワイトドラゴン」に見事な虹が架かった

北海道から毎日お届け中!

滝壺まで近づいたら、びしょぬれになりました

雨竜沼湿原への登山道の道中で現れる『白竜の滝』です。

落差は36m。流れ落ちる水には勢いがあり、「これぞ、滝」といった風情です。

 

滝壺まで道が続いているので降りてみると、滝は迫力満点! 雪解け水で増水していて、体がベチャベチャになるほどの水しぶきでした。

雪解け水が流れ込み、滝にもっとも勢いがある季節です
 

大迫力の滝をマイナスイオンを感じながら眺めていると、突然、滝壺に光が射し、見事なフルアーチの虹が登場しました。

急いでカメラを三脚にセットし、撮影しました。

なんとも清々しい写真が撮れてテンションが上がりました。

でも、ここで満足してはいけません。

ここから雨竜沼湿原までは、まだ1時間の山行が続きますが、登山道にはまだ他にも滝があり、清流、美しい花々と、フォトジェニックなポイントが盛りだくさんなのです。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!