〔PHOTO〕gettyimages

毎日1200人減少…日本を襲う「出生数ゼロ」という深刻すぎる危機

「無子高齢化」を考える

人口がこんなに減っている…

2018年、日本で生まれた子どもは約91.8万人だった。一方、亡くなった人は約136.4万人。出生数は統計がある1899年以降の最低数、死亡数は戦後最多である。

つまり、2018年には日本は約44.4万人の人口が減少している。これは1日当たりにすると約1200人。つまり毎日約1200人の日本人が消えていたことになる。

生まれる子どもより亡くなる人の方が多い今の日本は“少産多死”の状況なのだ。今はまだ高齢者の長寿化が進んでいるので、人口減少はゆっくりだ。

 

しかし2030年以降、団塊の世代が80代に達するころからは、一気に死亡者数が増えだし、このままだと日本の人口は加速度的に減ることになる。

2015年と比較すると、人口全体では2030年は約6%減、2040年は約13%減、2050年が約20%減になると推計されている(国立社会保障・人口問題研究所)。

(『無子高齢化』より)


また現役人口はどうだろうか。

ご存知の通り65歳以上は高齢者とみなされる。一方、若者を見ると、2018年の高校進学率は約99%、大学進学率も約55%、専門学校の進学率も約16%で、高卒で就職するのは卒業生の約18%弱に過ぎない。多数の若者が働きだすのは20歳以降なのだ。

そこで20〜64歳の現役人口の推移を「国勢調査」の数値から推計してみると、2016年には約69.1万人、2017年には約56.6万人、2018年には約45.6万人の減少である。

これは65歳になって高齢者になる人に比べ、新しく20歳になる若者の方がずっと人数が少ないからだ。

つまり2016年から18年までの3年間に約171.3万人の現役人口が減っている。世の中で人手不足がおこっているのも当たり前なのだ。

それでは今後、日本の人口はどうなるのだろうか。