中国海軍初の空母「遼寧」(photo by gettyimages)

中国の空母「遼寧」が日本近海通過、その事実が暗示する恐ろしい未来

沖縄-宮古島間海峡を通過して太平洋へ

米中貿易摩擦の行方が最大の注目点となったG20サミットが開催される少し前の6月11日早朝、中国海軍のクズネツォフ級空母「遼寧(りょうねい/CV-16:65,000トン)」を中心とする6隻の空母艦艇群(グループ)が東シナ海から沖縄・宮古島間を通峡(南下)して太平洋へ進出した。

同艦艇群がこの海峡を通峡したのは、平成28(2016)年12月25日(海峡南下)、同30(2018)年4月21日(海峡北上)に次いで3回目である。

これは、西太平洋方面への外洋航海を兼ねた日米台(日本、米国、台湾)に対する軍事的示威行動(プレゼンス)であるのは明らかであるが、われわれが何より注目しなければならないのは、これら中国の運用の進化。即ち、「中国海軍の空母運用がどれほど実戦に即してきたか」ということである。

 

人民解放軍がダミー会社まで作って手に入れた空母

この空母「遼寧」というのは、元々旧ソ連海軍クズネツォフ級空母の2番艦として「ワリャーグ(ロシア語で戦士の意)」と名付けられ、ウクライナ造船所で建造されたものであった。

しかし、完成間際にソ連が崩壊して整備計画がとん挫し、ウクライナがソ連から独立したため宙に浮いていた本艦は、ロシアとの交渉の後にウクライナの保有となった。

これを中国の人民解放軍の息のかかったマカオの観光(ダミー)会社が、「カジノ付きの洋上ホテルに改修する」との名目で1998年にウクライナから買い取ったものである。

この際、エンジンやその関連機器、電気系統などはほぼ元のままの状態であった模様である。その後、このダミー会社は消え失せ、購入時の契約で定められていた「軍事目的で使用しない」との約束は反故にされて、本艦は機関や設備から兵装に至るまで大幅な改修が加えられ、2011年に中国初の空母として完成に至ったのである。 

大連港に停泊中の空母「遼寧」(photo by gettyimages)

人民解放軍がダミー会社まで作ってこの空母を何としても手に入れようとした背景には、1996年の(第三次)台湾危機が関係している。

この年、中国が台湾海峡で弾道ミサイルなどの実射演習を行って(独立派の李登輝総統の再選が懸かった総統選挙直前であった)台湾を軍事恫喝した際、米国は「ニミッツ」と「インディペンデンス」を中心とする2個空母戦闘群(CVBG:Carrier Battle Group/空母を中心とする攻撃部隊)を台湾海峡周辺に派遣して中国をけん制し、台湾海峡は一触即発の状態となった。

結局、戦闘は回避され、中国の目論見は失敗に終わり、李登輝総統は無事に再選を果たしたが、中国はこのCVBGによる米軍の機動力の高さを目の当たりにすることになり、将来的に米国に軍事力で対抗するためには、何としても空母を保有する必要があると痛感したのであろう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら