“生きた化石” シーラカンスの体内には「肺」があった! なぜ?

メダカの学校のスクールカースト事情も
MOVE編集部 プロフィール

シーラカンスが「生きた化石」になったワケ

シーラカンスは恐竜と同じ時代に絶滅したと思われていました。このころ絶滅したほかの生きもののように化石でしか見つかっていなかったからです。

ところが1938年に南アフリカで生きている姿が発見され、その後、インドネシアでも見つかっています。

シーラカンスシーラカンス Photo by Getty Images

シーラカンスは普通の魚とは少し違う特徴を持っています。背骨が発達しておらず、軟骨でできた1本のくだが背骨の役割をはたしています。ひれのつけ根には骨があり、動物の脚に似た動きをします。赤ちゃんはお腹の中で卵をかえして産みます。内臓などは陸上の四足動物に近い特徴をもつ、まだわからないことの多い魚です。

水の中で暮らしていた魚が進化して陸にあがり、両生類、爬虫類や鳥、そして哺乳類に進化していったと考えられています。陸にあがるためには、大気中の酸素を取り込むことができる肺をもっていなければなりません。この陸にあがったと考えられる魚のなかに、シーラカンスやハイギョのなかまがいます。

ハイギョオーストラリアハイギョ Photo by Getty Images

いま「生きた化石」とよばれるシーラカンスは、深い海に暮らし、普通の魚と同じようにえら呼吸をしていますが、シーラカンスには進化していくなかで使われなくなったとみられる肺があることがわかりました。肺を使って呼吸ができる魚として浅瀬で暮らしていたシーラカンスの祖先が、再び海へ戻り、深く潜って暮らすようになったことが考えられます。

恐竜などの生きものが大量に絶滅して化石となっていった時代を、シーラカンスは深い海に潜ったために生き延びたのかもしれませんね。

【「WebMOVE」はこちら】
【講談社の動く図鑑 MOVE『魚 新訂版』詳細はこちら】