5000人と面談して見えてきた「転職でつまずく人」の共通点

「会社の評価に納得いかない」は黄信号
山田 実希憲 プロフィール

出来上がった価値観が判断を鈍らせる

2人目の杉山さん(仮称)は初めての転職ということもあって、慎重な検討をしていた30代の男性です。ベンチャー企業から異業界の大手企業への挑戦となりますが、自分のミッションも明確で、諸条件にも納得して転職をしました。

しかし、入社して一年が経ち、自分でもなかなか思ったような業績が上がってきません。納得していたとはいえ、ベンチャー企業から大手企業への転職はルールの多さ、意思決定までの調整ごとなど、個人ではどうにもならない進め方へのとまどいも多かったようです。とくに上司との関係性で話が進められたものが、総務や稟議書類を通さないと話が進まないスピード感の無さには辟易していました。

Photo by GettyImages

すぐに転職を考えているわけではありませんが、このままの状態が続くと、自分自身が居づらくなってしまうという不安にかられてしまいました。

何かにつけて「前の会社では…」

業界が異なるとは言え、前職では実績を出してきた自負もあります。杉山さんは新しい職場のやり方よりも、自分がやってきたやり方に固執していました。

もちろん、より成果につながる独自の手法を試みることは悪いことではありません。しかし自分の価値観をそのまま押し通そうとするやり方では、味方になってくれる人もあらわれません。社内の人間関係構築という面でも、一歩遅れをとっていたようです。

 

新卒で入社した会社ではなかなか気づかないかもしれませんが、自分がどれだけ大切にされてきたのか、転職後に知ることになります。気付かぬうちに上司がフォローをしてくれていたり、採用に携わった他部署の先輩が自分を気にかけてくれることもあります。

杉山さんが自分の価値観の中だけで仕事を進めてしまっている中、現在の上司からある一言をもらいます。それは「前の会社ではこうでした…」と言いかけたある日、「うちは杉山さんの前の会社とは違うし、ないものがあるかもしれないけれど、あるものもいったん見てみてよ!」という一言でした。そこで初めて、何かにつけて前の会社と比較している自分に気がつけたと言います。

今までの職場では、杉山さんを知っている人たちに囲まれていました。なんとなく、周りが合わせてくれた環境とは違って、杉山さんがフィットさせにいくことがポイントです。

関連記事