photo by gettyimages

米朝電撃首脳会談「実現までの5時間」に何が起こったのか

再選への黄色信号が彼を動かした

ナンバー2にすら知らされていなかった

「日本経済新聞」一面左下の名物コラム「春秋」は、毎朝、必ず目を通す。7月2日付の同コラムに記述された「ツイートは踊る」には合点がいった。

6月30日夕、朝鮮半島を南北に分断する非武装地帯(DMZ)内にある板門店で行われたドナルド・トランプ大統領と金正恩労働党委員長の米朝電撃首脳会談は正真正銘のサプライズであり、全世界に衝撃を与えた。

事前に米朝間で準備されていた「演出」である、との指摘は承知している。ホワイトハウスは主要20ヵ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)開催前の6月15日、トランプ大統領が同会議終了後に韓国を訪問すると発表した。

 

その直後から「米朝首脳板門店会談」説が一部消息筋の間で取り沙汰されていた。だが、今回のトランプ・金正恩会談は、19世紀初頭の「ナポレオン戦争後の欧州の国際秩序の回復を目指し開いた『ウィーン会議』を描いた名画『会議は踊る』」(「春秋」)に続く「ツイートは踊る」という表現が正鵠を射ている。

筆者が取材した限りでも、外務省がカウンターパ-トである米国務省から事前通告を受けていなかっただけでなく、同省ナンバー2のジョン・サリバン国務副長官以下、デビッド・スティルウェル国務次官補(東アジア太平洋担当)、ハリー・ハリス駐韓大使までが知らされていなかったのは事実である。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら