早稲田大学で闇に葬られていた、教授の「ハラスメント疑惑」

昨年のセクハラ問題が記憶に新しいが…
現代ビジネス編集部 プロフィール

守るべきは学生のはずなのに

教授によるパワハラを知る大学関係者は、ハラスメントの申し立てに対する早稲田大学の対応は、被害者の側に立っていないと指摘する。

「早稲田大学のハラスメント防止委員会は、本人の申し立てを原則にしています。しかし、被害者がハラスメントによってうつ病を患うなど心身が衰弱した場合、訴えを申し出ることさえできないため、明るみになりにくいケースが多いのではないでしょうか。

さらに、ハラスメント防止委員会に申し立てても、この教授の件に限らず、ハラスメントが認定されるケースはほぼありません。訴えている間にも被害者は二次的、三次的なハラスメントを受け続けて、精神力を保つことができず、結局泣き寝入りするしかなくなるのです」

 

首都圏大学非常勤講師組合にも、問題の教授によるパワハラについて情報が寄せられている。組合は「大学の中でこれほど深刻なパワーハラスメントが起きているのは異例のこと。早稲田大学はこの問題を放置すべきではない」と警鐘を鳴らしている。

大学が守るべきは、将来ある学生たちのはずだ。早稲田大学は事実関係を認めた上で、内部委員会ではなく第三者委員会を設置して再度調査するべきではないだろうか。