7月 13日 オカルト記念日

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

少女に憑依した悪魔と神父の戦いを描いた映画『エクソシスト(The Exorcist)』が1974年のこの日に日本公開されたことにちなんで、毎年7月13日は「オカルト記念日」とされています。

オカルトや超常現象は科学とは真っ向から対立するものというイメージがありますが、原因が特定できない現象という意味の「超常現象」は世の中に確実に存在しており、これは科学的な研究の対象になり得ます。

ブルーバックスでも『「超能力」と「気」の謎に挑む』 『霊はあるか』 『超常現象をなぜ信じるのか』など、さまざまな面からオカルトを取り上げてきました。

ぜひ、オカルトなど馬鹿らしいと無視するのではなく、その背後に潜む科学について考えてみてください。

【写真】オカルトの不思議を科学で解明?!背後に潜む科学について考えてみては?