7月 11日 世界人口デー

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

1987年7月11日に世界の人口が50億人を突破したことから、この日は「世界人口デー」と定められています。

この記念日は、国連人口基金(UNFPA)の推定した全世界の人口推移にもとづいて決められており、ユーゴスラビアで生まれたマテイくんが50億人目の赤ちゃんに認定されています。

ちなみに、現在の世界の人口は77億と見積もられており(国際連合世界人口推計2019年版(要旨)より)、30年間で約1.5倍超に増加したことになります。今後、世界の人口はどこまで増えていくのでしょうか?

国連人口基金の見積もりによれば、2100年には90億人を突破しますが、その後2300年まではほぼ横ばいで推移するそうです。

【写真】日本の人口は?気になる日本人口、将来は? photo by iStock

いったいどうやってこんな見積もりができるのか不思議だと思いませんか?

じつはその背後には「統計」の考え方が隠れているんです。

 オススメ関連書籍はこちら 

やさしい統計入門
視聴率調査から多変量解析まで

何人に出口調査すれば「当落予測」できる? 要精密検査になった私はガンの可能性が高い? 子供の身長を両親の身長から予測できる? など、具体的な実例でわかりやすい画期的な統計入門書です。

Amazonはこちら