高橋大輔さんの復帰を予言

真央さんの引退した2017年4月10日の翌日には「真央、君の人生の新しいチャプターの始まりだね。君のベストだけを願ってる」から始まる温かいエールを送ったデニス・テンさん。2015年に高橋大輔さんが中心となって開催した「クリスマスオンアイス」に出演した際には、引退していた高橋さんと撮影した動画で「大輔は戻ってくるよ」と復帰の予言めいたことを言っていた。

真央さんが引退した翌日にアップされたデニス・テンさん公式インスタグラム

そして2018年7月1日。高橋さんが現役復帰を電撃発表した後、デニスさんはTwitterでその動画を拡散、彼の復帰をとても喜んだ。しかし、そのリツイートが彼のTwitterの最後の投稿となり、デニスさんは高橋さんの復帰後の演技を見ることは叶わなかった。

デニス・テンさんがリツイートしたmichael jordanさんのツイート。実際は動画である

常にデニスさんの存在がある

デニス・テンさんの死後、ご両親と友人がカザフスタンで「デニス・テン財団」を設立し、フィギュアスケートアカデミーの開設や、生前にデニスさん本人が始めていたプロジェクトの継承を目指していると聞く。1周忌の前には、事件に遭った場所にデニスさんの記念碑が立ち、今年の10月から「デニス・テン・メモリアルチャレンジ」という国際スケート連盟公認のフィギュアスケートの国際試合が創設される。

彼の生きた証はさまざな形で刻まれている。

先日、無良崇人さんが追悼ショーのゲストになると発表した後のメッセージをここに引用したい、「Denisはどんなメッセージを僕にくれるだろう。 『僕たちが描いていた未来は決して終わっていなくて、むしろこれからがスタートなんだよ』と言われたら、僕には重過ぎるバトンを渡されたようで少々戸惑うかもしれない」。

無良崇人さん公式インスタグラムより

デニス・テンさんの死は取り返しのつかない悲しみと損失だ。しかし、このように彼と共にさまざまな未来を創るはずだったスケーター仲間の心には、常にデニスさんの存在がある。彼の志はそれぞれの思いと共に芽吹き、枝葉を広げていくのだろう。

まずは1周忌の追悼ショー「Denis’ Friends」が、大成功することを心から祈りたい。